自然の恵みを大切に、風味豊かな秘伝の味。丸島醤油

小豆島醤油の由来

伝統醸造のもろみ蔵

風光明媚な小豆島は「古事記」にも登場する歴史の古い島で、醤油づくりがはじまったのは約四百年もの昔、文禄年間にさかのぼると言われます。当時、小豆島は良質の塩の産地であり、しかも地中海地方によく似た温暖な気候風土が醤油づくりに適し、古くから海上交通の要衝として海運業が盛んだった点など諸条件がうまく重なり合い、勢い醤油の島へと発展して行きました。時代の推移と共に醤油の製造方法も変わってまいりましたが、弊社においては天下の景勝寒霞渓の山麓で、今なお昔ながらの製法を大切にし、製造を続けております。

詳しくはこちら

古式本醸造諸味蔵
伝統醸造のもろみ蔵

丸島醤油からのお知らせ

Copyright © 2010 marushima Inc All Rights Reserved.